春風亭昇太は若いから笑点司会ではなかった?出身はなんと静岡!!

2017年8月30日芸能全般

笑点の次期司会者に抜擢された春風亭昇太。

彼に決まった理由は
「メンバーの中で一番若いから」
と言われていますが、
そうではなかったという話も出ています。

本当の理由とは何なのか?
私は彼が静岡県出身だと知って驚きましたが。。。

春風亭昇太が笑点司会者に抜擢

桂歌丸の卒業に伴い、
後任の司会者が番組内で発表されました。
 

今まで落語界の重鎮が
司会を務めてきた番組だけに
林家木久翁や三遊亭円楽など
大御所が司会を務めるかとおもいきや、
まさかの春風亭昇太

驚いた方も多かったでしょうね。
 

司会指名の理由は「若さ」ではなかった?

春風亭昇太餓死会に指名された理由は
「メンバーの中で一番若いから」
だと言われています。

ここ最近は
落語会の重鎮が司会を務めてきましたが
高齢を理由に番組引退(卒業)することも多く
司会者交代の周期が短い傾向にありました。

そこで一番若い(といっても56歳ですが)
春風亭昇太に司会を任せて
同じ司会者で番組を長く続けてもらおう
という狙いがあったからだとされています。

 
私の印象では
笑点の司会者ってメンバーで一番偉い人がやるものだ
と思っていたので、
この考え方は新鮮でしたが、
言われてみればまあ納得できるものでした。

 

▼スポンサーリンク▼

本当の理由は違った?

しかし本当の理由は違っていたという話も出ています。

笑点の新司会者に
春風亭昇太を選んだ本当の理由は、
「消去法で残ったから」
だと言うんです。

 
番組プロデューサーは
チームワークを大事にしたいので
外部からの招聘(しょうへい)という選択肢をなくし
現メンバーの中から司会者を選ぼうとしたそうですが、
大喜利の回答者として
残したい人を消していった結果、
残ったのが春風亭昇太だったそうなんです。

 
この話はニュースとして報じられていますので
事実である可能性が高いですね。

でも、だとしたら
春風亭昇太にしてみれば
複雑な心境になりますねw
 

「一番おもしろくない回答者」
って言われているようなものですからねw

 
大御所連中を前に司会という
大役を任されることになった春風亭昇太は
前向きなコメントをしているようですが
いろいろな意味で大変そうですw

司会者は番組を面白くするために
上手くメンバーを回していかないといけませんからね。

 

出身は静岡県清水区だった

私は落語には興味が無いので
番組(笑点)を観ることは殆ど無いんですが
さすがに新司会のニュースは目にしました。
 

春風亭昇太のブログにアクセスが殺到して
サーバーがパンクしたとか、
相当な盛り上がりだったようですね。

 
そんな中、目にしたのが
「春風亭昇太は静岡県清水区出身」
というものでした。

 
「へー。彼も静岡県出身だったのか。」
と急に親近感が湧いてきました。
(単純すぎますがw)

 
ネットで見かけた情報によれば、
春風亭昇太は清水区の出身で、
高校は東海大一(現:東海大翔洋)に通っていたんだとか。

三保の松原で有名な
三保にある学校です。
(東海大の附属高校です)

 
とにかく、
静岡県出身の有名人が
また一人増えましたねw

 

おまけ

そういえば、
全然関係ないんですが、
R-1ぐらんぷりで優勝した
「ハリウッドザコシショウ」
というお笑い芸人がいますけど、
彼も清水区出身なんだそうです!!

旧清水工業高校出身だそうです。
(現在は静岡工業と合併し静岡県立科学技術高等学校に改名)

 
出身地とか出身校って
普段はあまり気にしないけど、
こうやって情報を目にすると
意外と静岡県出身の有名人って多いんだな
と驚きます。

 
春風亭昇太には
笑点の司会を頑張ってもらって
番組を長く続けてもらって
静岡県出身の有名人の代表格になってもらいたいですね。
(私は落語とか大喜利は多分観ないと思いますけどw)

あとは結婚ですかね?