奥原希望は横澤夏子に似てる?金メダル候補の試合前ルーティーンとは?

スポーツ関連

日本の女子バトミントン界
期待のホープと聞いて
皆さんは誰を思い浮かべますか?

昨年、ブラジルで行われた
リオデジャネイロ五輪にて
日本バトミントン史上初の
シングルスでの五輪メダリストに輝いた選手。

そう!奥原希望選手です!

そこで今回は
2020年東京五輪の金メダル候補でもある
奥原選手について調べてみましたので
一緒に見ていきましょう!

実力は小学生時代から飛び抜けていた

奥原希望選手の実力は
小学生の頃からずば抜けていたそうです。

小学6年生の時に
ANAアジアユースジャパンU13で優勝!

これを皮切りに
中学生時代も数々の大会で結果を残し
高校は出身地の長野県を離れ、
埼玉県立大宮東高等学校に進学します。
 

同校は体育科を設置しており
様々な種目にプロ選手を輩出しているスポーツの強豪校。

やはり、メダリストともなると
親元を離れて競技に打ち込む選手は多いですね。
 

そこで奥原選手は
1年生から全日本ジュニア選手権優勝などの
ビックタイトルを獲ると
翌年から国際大会でもその実力を世界に見せつけ
着実に実績を積んでいきました。
 

高校卒業後は日本ユニシスへ入社(2013年)、
実業団の選手として大きく成長を遂げました。

世界バトミントン連盟開催の
「BWFスーパーシリーズ」にも参戦し、
世界各地の大会で“OKUHARA”の名前を世界に轟かせました!
 

ここまでが
奥原希望選手のリオ五輪前までの経歴です。
 

横澤夏子に似てると話題に

ここまで記事を読んで頂いた方には
奥原希望選手のすごさを
わかってもらえたかと思います。

それではここで少し視点を変えて
「奥原選手が芸人の横澤夏子に似ている!」
と話題になっているので
どれほどのものか検証しました!!
 

まずは、奥原希望選手がこちら。
 


奥原希望(公式ツイッターより)
 

横澤夏子に似ていると言われれば・・・
似ているような?
 

では、芸人の横澤夏子がこちら。
 

#イヤリング作ったよ #お友達とガラス細工体験したよ! #わたし的にいい感じだって思ったんだけど #お店の方から #こんな大きいイヤリング作られる方初めてです #箸置きだと思ってました #って言われたよ! #うふ! #耳たぶちぎれそうになりながら着けてるよ #結構大きめだから存在感バツグンかと思いきや #着けてみたらほっぺで全体が見えなくなったよ #笑ってるとほっぺの肉が盛り上がるから見えないんだと思って無表情にしてみたけど #全体はなかなか見えないね #もっと大きくしてもよかったかもね #確実に耳たぶちぎれちゃうけどね #うふ!

横澤夏子さん(@yokosawa_natsuko)がシェアした投稿 –


横澤夏子(公式インスタグラムより)

 
これはもう…
そっくりですねw
これは話題になるのも納得です(笑)
 

▼スポンサーリンク▼

試合前のルーティーンがすごい!

奥原希望選手が試合前にやっている
ルーティーンが注目されています。

 
奥原選手には
試合前に必ずやる「ルーティーン」があるようです。

メジャーリーグのイチローとか
ラグビーの五郎丸選手のあのポーズから
ルーティーンという言葉が浸透していますので
もはや意味を説明するまでもないでしょう。

奥原選手のルーティーン
それは「コートに入る前にある言葉をつぶやく」ことです。
 

ある言葉とは…
試合の中継では
当然マイクを付けている訳ではないので
何をつぶやいているかわかりません。

しかし本人いわく
「まずコートに立てることを感謝して、思いっきり楽しもうと自分に言い聞かせています」
という事です。
 

このコートに立てるのも両親や
これまで指導してくれたコーチや
監督などお世話になった人のおかげ。
それに感謝して、思いっきり楽しもう。

そう言い聞かせながら
試合に臨んでいるんですねw 
 

奥原選手は人間性にも
とても魅力がありますね。
応援したくなっちゃいました!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで
奥原希望選手について紹介してきましたが
彼女の事を応援したくなりましたか?

それとも、
横澤夏子にしか見えなくなってしまいましたか?
 

次の東京五輪までにはまだ時間があります。

ホームである日本で
一番良い色のメダルが獲れるように
これからもその実力を
磨いていって欲しいですね。
 
バドミントンには
他にも山口茜選手など
期待されている選手が何人もいます。
もちろん男子だって負けてません。

皆さんで盛り上げ、
応援していきましょう!